気になる銀行カードローンの審査の内容は?

銀行カードローンは比較的金利が低めのケースが多く、カードローンを利用するなら銀行が良いと考えている人も多いかもしれません。しかし、銀行の審査に対しては非常に厳しいというイメージも強いでしょう。しかし、気になる銀行の審査の内容はそれほど難しいものではありません。審査で見られる項目はシンプルなものですので、理解しておくと良いでしょう。

 

収入の高さ

 

収入があるということは大前提となりますが、ある程度の高さがなければなりません。もちろん、お金持ちのような高額である必要はありませんが、返済していくことができるだけの金額があるというように判断されなければなりません。銀行にとっては、借入されたお金を返済してもらえないということは避けなければなりませんので、必ずチェックされる項目です。年収や月収がどのくらいの金額以上という目安は挙げることができませんが、高ければ審査に通りやすくなるということは間違いありません。

 

収入の安定度

 

収入の高さと同様に重要な項目が安定度です。大きな収入があるけれども、いつ入ってくるかわからないというような場合には、毎月の返済ができない可能性が高くなります。例えば、水商売の人は稼ぐときは大きな額を稼ぎますが、駄目な時にはかなり低くなる可能性もあります。それよりも、正社員で働く人や公務員のように定期的な収入がある人の方が安定していると評価されます。また、どの程度の期間勤めているのか、いわゆる勤続年数についても安定度を見るための指標としてチェックされます。

 

他のローンの状況

 

他にローンを組んでいるような場合には、そのローンの状況も影響してきます。複数の借入があるという状況は、返済の負担が非常に大きいという状況ですので、その負担を減らすための借入と受け取られてしまいます。その場合、結果的には返済がさらに苦しくなるだけのものですので、銀行としては貸すことが難しくなってしまうということです。既に他のローンがあるような場合には、審査に通るのは難しいと考えておきましょう。