より高い融資限度額を望むなら、銀行のカードローンを検討

借り入れを行いたいと思い消費者金融会社を選ぼうと思った時、想定していた金額を下回る融資限度額に驚いた方もいらっしゃると思います。

 

これは、貸金業法という法律に基づき、消費者金融会社では年収の3分の1以上の借り入れが行えない事が関わっています。

 

例えば200万円の借り入れを行いたいと思ったら、年収は600万円以上なければなりません。しかし、最近知名度を上げつつある銀行のカードローンであれば、年収に関わらず希望する融資額を受けられる可能性があります。

 

高い融資限度額が設定出来る理由

 

銀行では、貸金業法ではなく銀行法という法律が適用されます。なので、年収の3分の1以下の融資限度額の設定が定められる総量規制の対象外となるため、銀行のカードローンでは高い融資限度額が設定出来るのです。

 

しかし、例え総量規制対象外とはいっても、銀行のカードローンに申し込めば必ず消費者金融会社よりも多く借りられるという事ではありません。

 

あくまでも銀行が審査した信用度の判断において融資限度額が決められる事を覚えておきましょう。

 

着実に融資限度額を引き上げていく方法とは

 

銀行のカードローンが、必ずしもすぐに希望の融資額で融資可能というわけではないのは、上記でお分かり頂けたと思います。

 

しかし、設定できる融資限度額が消費者金融会社よりは高いのも間違いではないので、ますは銀行のカードローンを利用してみる事が、融資限度額の引き上げの近道となります。

 

これは、返済などをしっかり行う事により銀行から優良顧客として認めてもらえれば、限度額が上乗せされていく可能性があるからです。銀行は返済能力を重視する傾向にあるため、この方法はかなり有効と言えるでしょう。