フリーターも、派遣社員もOK! 銀行カードローン

キャッシングやカードローンを利用するためには、一定の収入が確保されていることがっ条件としてもうけられています。つまり、これらの融資は会社に正社員として雇われていなければ、なかなか利用できないものなのです。

 

では、フリーターや派遣社員の人たちはカードローンを利用することができないのでしょうか? 昨今の就業形態の多様化により、アルバイトや派遣労働という働き方をする人たちが増えています。当然、そうした人たちにもカードローンのニーズは存在します。そこで、そうしたニーズに対応しはじめたのが、銀行カードローンなのです。

 

何よりも安定収入

 

フリーターや派遣社員の人たちでも、銀行カードローンを利用することができます。しかし、基本的には、安定した収入があることが条件となっています。どれだけの収入があるかということも考慮されることには違いありませんが、それよりも、安定収入の有無のほうがはるかに重要です。

 

言い換えると、安定した収入がありさえすればいいわけですので、たとえばフリーターとして、あるいは派遣社員として、数年以上働き、一定以上の収入を得てきたことが認められれば、銀行カードローンを利用することができるというわけです。

 

申告は合計年収で

 

銀行カードローンの申し込みにあたっては、収入の額についても報告する必要があります。このとき大切なのは、合計した年収を報告することです。アルバイトや派遣社員として働いている人の中には、いくつかの会社を掛け持ちしたり、いくつかの派遣会社に登録していたりする人たちもいます。

 

そうした人たちが、自分が働いている中で代表的な1社からの収入だけを申告した場合、年収の総額が低くなりますので、審査の際に不利になってしまいます。利用限度額が低く設定されたり、最悪の場合、審査に通らないという可能性もあります。必ず、すべての収入を合わせた額の年収で申告するようにしましょう。