銀行おまとめローンには、とても多くのメリットがあるのです。

複数の金融機関から借入れをしている場合、元金だけで無く、各金融機関ごとの利息も含めて返済をして行く事になります。

 

そうすると、返済額の合計が多くなってくるため、その分負担がとても大きくなってしまうのです。

 

そこで今注目を集めているのが銀行おまとめローンです。

 

この銀行おまとめローンとは、いわゆる銀行系カードローンによるおまとめローンの事なのですが、では銀行おまとめローンを利用すると、どの様なメリットがあるのでしょうか。以下、詳しく見ていきましょう。

 

返済管理がし易くなり、返済計画が立て易くなります。

 

複数の金融機関からの借入れがある場合、各金融機関の返済日に合わせて返済を行う必要がありますが、場合によっては月に2、3回の返済日あるという状態になってしまいます。こうなってしまうと返済日を把握しておくだけでも大変ですし、完済までの見通しが立てづらくなってしまいます。

 

しかし、銀行おまとめローンを利用し借入れを一本化すれば返済日は月1度になり、返済しやすい環境が整います。

 

つまり、銀行おまとめローンを組む事で返済の管理が非常に簡単・便利になるのです。返済計画が立て易いというのは、銀行おまとめローンの大きなメリットと言えるでしょう。

 

銀行おまとめローンは金利が低いのが特長です。

 

次に、銀行おまとめローンを用いれば金利を低く抑える事が可能である点も非常に大きなメリットの1つとして挙げられます。

 

勿論、基本的にはどこの金融機関においてもおまとめローンを組む事によって金利を下げる事が可能ですが、ポイントは、銀行系カードローンは特に金利が低いためトータルの利息を大幅に下げる事が出来る場合があるという点にあります。

 

これには当然、金利の低いおまとめローンを選ぶことが大前提となりますが、基本的には銀行おまとめローンなら金利ダウンが見込めるはずです。

 

総量規制の対象外なのでフレキシブルなおまとめが可能です。

 

更に銀行おまとめローンは、総量規制の対象外であるという点において他の金融系おまとめローンよりも大きなアドバンテージがあると言えます。

 

この「総量規制」というのは、貸金業者から融資を受ける場合、原則として年収の3分の1までしか借入れをする事が出来ないという貸金業法上の規制の事を言います。しかし、銀行は貸金業法上の「貸金業者」では無いため、銀行系カードローンには、この総量規制の制度が適用されず、結果、銀行系おまとめローンも総量規制の規定の適用外となります。

 

年収の3分の1以上の額の借入れになったとしても、おまとめローンの利用が可能というのは、特に借入れ額が多い場合には、非常に重要なメリットとなってくるのです。