借り換えローンの在籍確認

既に他社カードローンから借り入れの有る借り換えローンの審査では勤務先に確認の電話が入ります、俗に言う在籍確認ですが書類審査を通ることが出来てもこの在籍確認が終わるまではローンの借り入れはできません、申し込んだ本人はなるだけ早く借り入れをしたいのに、勤務先への電話確認でどんなことを聞かれるか気になる方も多いのではないでしょうか、そんな方の為にカードローン会社が行う勤務先への在籍確認についてお話します。

 

書類審査記載の会社に間違いはないか

 

借り換えローンの審査は一般のローンより厳しくなって当然です、書類審査の内容が本当に正しいのかどうかの確認は行われて当然です、特に返済能力に大きく影響してくる就職先に関しては確認も念が入ります、勤務先の勤続年数や勤務態度、さらには会社の業績など十分な返済能力を備えているかはカード会社の一番知りたい項目です。

 

会社に直接コンタクト

 

申請通りの会社に勤務しているかどうかは、勤務先の配属部署に電話をかければ直ぐにわかります、カード会社の担当者が直接コンタクトしてきます。

 

本人が電話に出られる場合

 

ローン会社からの確認では先ず審査を受けた本人宛て電話をかけます、その為本人が席にいればその電話に出ることになります、話の内容は今電話に出ているのが本人かどうか確認できる程度の質問に留まり難しいことを聞かれるわけではないようです、実際にその会社にいることが判ればそれで確認は終了です。

 

本人が電話に出られない場合

 

本人宛電話がかかってきた時たまたま席をはずしていたり外出していれば電話に出ることが出来ません、電話に出なければ審査上まずいのではないかと心配にもなりますが、そこは余り心配をしなくても大丈夫です、社内の電話に出た同僚が席を外している旨伝えてくれればそれで確認できたことになるからです。

 

留守中の電話に同僚が出て自分がローンに申し込んだ事がばれるのではとの心配も要りません、カードローンの担当者もその辺は心得ていて個人名で電話をして知り合いの様に振舞いますので何の心配も要らないのです。