カードローンの借り換えを利用すると利息を減らせます

カードローンの借り換えをする一番の理由は利息を少なくすることができることです。少額で借り入れていたものを借り換えによってまとめることで高額な借入になるため、必然的に金利が下がり、利息が少なくなります。  

 

簡単な例えとして、消費者金融A社から90万円、B社から50万円の借り入れを行い、共に1年後に一括返済したとします。消費者金融の貸出金利には利息制限法の上限金利が設定されています。利息制限法の上限金利は10万円未満・20%、10万円〜100万円未満・18%、100万円以上・15%となっています。  

 

従って、A社、B社共に貸出金利は18%になるため、1年後の利息額はそれぞれA社が162,000円、B社が90,000円になり、合計すると252,000円の利息を支払うことになります。

 

そこで、借り換えを利用して、A・B社の借入金を消費者金融C社にまとめるとC社から140万円を借り入れることになり、貸出金利は15%に下がって、1年後の利息は210,000円になります。すなわち、借り換えを利用しただけで42,000円のお金が得をしたことになります。 ちなみに、銀行のカードローンの金利は消費者金融のものよりさらに低くなっているため、銀行のカードローンに借り換えると支払う利息はさらに低くなり、返済総額も減ることになります。

 

なお、借り換えのメリットは単に金利が低くなって利息が少なくなるだけではありません。カードローンの件数が減れば返済の手間も減り、管理もやりやすくなります。また、新たに借入をする時の審査における評価が高くなります。カードローンの件数が多いと、それだけ借入額が大きくなる危険性があるため、どこの業者の審査でもマイナス材料になっています。  

 

複数のカードローンを所有しているメリットはほとんどありません。