借り換えはメリットばかりではない

複数からの借り入れを一つにまとめる事で、金利が下がり返済額が減らせるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

しかし、借り換えを行うにあたってデメリットも知っておく事は、余計なトラブルを事前に回避する大きな手助けとなります。

 

そこでここでは、借り換えについてもう少し深く掘り下げて考えてみましょう。

 

必ずしも金利が下がるとは限らない

 

おまとめローンなどで複数の借り入れを一つにすると、借り入れ金額が大きくなる事で金利が下がり結果的に返済総額が減らせるというメリットはよく聞く事です。

 

しかし、借り入れ総額がそれほど大きくない場合や、選んだカードローン会社によっては思っているほど金利が下がらない事もあり得ます。

 

勿論これらは、返済シュミレーションなどを利用してきちんと確認をすれば避けて通れる事なので、借り換えを行う場合は本当に金利が下がるのかきちんと調べてからにしましょう。

 

借り入れの一本化の前に、過払い金がないかの確認を

 

2010年より利息制限法が施行され、不法な金利の適用により支払われた借金のいわゆる過払い分は取り戻す事が可能となりました。

 

長く借金の返済をしている方などはこれに該当する恐れがありますので、借り換えを検討される前に自分が該当者ではないのか調べておくのがよいと思われます。と言うのも、この確認をせずにおまとめローンを利用した場合、過払い金の請求が出来なくなってしまう可能性があるのです。

 

取り戻せるお金があるのにそれに気付かず借り換えを行ってしまうのは、かえってデメリットになると言わざるを得ないでしょう。

 

悪徳業者の見極め

 

世の中には数多くのカードローン、キャッシング会社が存在します。勿論その殆どは真面目に一生懸命に仕事をしていますが、中には悪徳業者が紛れ込んでいるのも事実です。世間一般に名の知れた会社であれば心配はご無用ですが、聞いた事のない会社を利用しようと思う場合には入念な下調べが必要であると言えます。