多重債務に陥ってしまい、もう返済ができない場合には?

借金というのは、ある程度の金額なら問題なく返済できますが、一定以上に増えてしまうと返済が困難になってしまいます。

 

特に複数の会社から借入がある多重債務に陥ってしまうと、少しずつ追いつめられていくという場合が多いのではないでしょうか。気が付けば借金で借金を返済する状態になって、利息ばかりが増えていって借金が減らないという状態になってしまいます。それではもし多重債務になってしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。一本化と債務整理という方法について紹介します。

 

一本化してみよう

 

まずは借金の一本化をすることによって、返済できそうかどうかを検討してみましょう。「おまとめローン」と呼ばれるもので、複数の借金をひとまとめにしてくれます。高めの金利で借りている借金があるのであれば、借り換えによって金利が下がる場合もあります。借金そのものは減りませんが、金利が下がれば実質的に返済額が減るわけですから、返済の目処が立つかもしれません。

 

任意整理を利用する

 

借金が多すぎる場合には、借金を一本化しても返済できないという場合があると思います。そういった場合には、債務整理を行う必要があります。債務整理というのは任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類の総称です。任意整理は公的機関を介さないで消費者金融などの金融機関と直接交渉する方法です。

 

もっとも個人での交渉は相手にされないことが多いですので、弁護士などを通すことが一般的です。主に利息がカットされ、過払い金があれば戻ってくる場合があります。特定調停は任意整理に近いですが、簡易裁判所で金融機関と交渉します。話し合いの結果、合意が得られればその返済計画に従って返済をすることになります。

 

個人再生(民事再生)は借金そのものを減らしてもらうことが可能となっています。借金が住宅ローンを除いて5,000万円以下で、きちんと返済の見込みがあることが条件です。減額してもらった借金は3年間で返済していくことになります。財産を処分しなくていいのも特徴です。

 

自己破産は最終手段で、もうどうやっても返済できない場合はこの手段を選ぶことになります。借金はすべてリセットされますが、財産の大部分を処分する必要がありますし、社会的な信用度も失うことになります。