借り換えは銀行のカードローンがおすすめ

借入れ金の把握などのために一本化を検討する方が増えています。

 

今は銀行のカードローンでも一本化のサービスが見られる事も多くなりました。

 

銀行の借り換えを行った場合の利点はどんな事でしょうか?

 

金利が下がる

 

一本化をした場合ほぼ当てはまる事が銀行のカードローンでも適用されます。せっかくの借り換えなのに金利が上がっては意味がありません。利息制限法をいう金利の負担を軽減するルールに銀行のカードローンも沿っています。今までと同じ金額を支払っていたとしても、実際に支払っている金利は下がっているので元金への返済も増しているという事になります。

 

総量規制の対象外である事

 

今数社利用されている方は何故数社の利用になったのでしょうか?きっと融資限度額が希望の通りではなく不足分を補う為に他社にも借入れしたんではないでしょうか?実は銀行では融資限度額がありますが消費者金融とは差があります。

 

それは総量規制の対象外だからです。総量規制というのは借入れ出来る金額が年収の1/3までと決められているルールです。もし他の消費者金融のおまとめローンを利用したとしても、この規制の対象である以上全てまとめる事は難しいかもしれません。その点銀行のカードローンであれば対象外なので審査さえ無事に通れば、ほぼ希望通りの一本化が出来るでしょう。

 

信用の差

 

銀行のカードローンは信用が高いです。勿論消費者金融の会社でも信用の高い会社はありますが全社ではありません。中にはドラマの世界のような悪徳業者が居る事も事実なのです。

 

このような業者は悪意のある「おまとめローン」を提案して結果的に今までよりも負担が大きくなるような危険があります。そのリスクを避ける為にも、元々信用のある銀行のカードローンを利用する事が望ましいと思います。心の余裕が無いと間違った判断もしがちです。ローンがあるという事は心の負担になっています。だからこそ信頼の高い銀行で一度おまとめローンについて相談されてはいかがでしょうか?