カードローンで借り換えをした場合のデメリットは?

カードローンで借入れを行っているときに、借り換えという方法を考えることもあるかと思います。確かに借り換えを行うことで、場合によっては支払う利息を減らすことが出来て、結果的にトータルの返済金額の削減につながるというメリットがあります。けれども、メリットがあればデメリットも必ず存在します。カードローンの借り換えを行った際に考えられるデメリットについて、以下にご説明していきます。

 

借り換え審査に通らない可能性がある

 

カードローンの借り換えを申し込んだときには当然、審査が生じます。ということは、審査内容によっては、通らない可能性ももちろんあるのです。現在の収入状況、貯蓄の額、といったポイントにおいてカードローン会社にたいして不安を抱かせるような内容であれば、借り換え審査に通らない可能性が出てきます。

 

たとえば複数のカードローン会社からの借入れがある場合など、その返済状況によっては特に難しいとされています。カードローンの借り換えというシステムそのものは、利用者にとっては利息を減らすメリットのあるものですが、貸す側としては当然返済できるどうかの信頼の確証が得られなければ、申し込みを受諾するわけにはいきません。

 

返してもらうことが貸すことの第一条件なのですから。カードローンの借り換えを行いたいと思ったときには、その点には十分に注意して行動するようにしましょう。

 

借り換えできて安心して気が緩むことも

 

借り換えの申し込みが通って、結果的に支払利息を下げることができたとします。そういう場合にはやはりほっとするものでしょう。

 

借金が減った、と思ってしまうかもしれません。けれど実際には違います。借入残高自体はなんら変わっていませんので、引き続ききっちりと返済を続けていくという大本の事実は変わらないのです。

 

くれぐれも気が楽になったと新たに借入れをしたり返済を遅らせたり、といったことのないように気をつけたいものです。